全世界株式インデックスファンド2022年6月月次レポート比較

投資する

過去1年のリターン

全世界株式インデックスファンドの6月の月次レポートが出揃いました。

2022年6月の過去1年のリターンはeMAXIS Slim全世界株式が+5.1%、SBI・全世界株式が+3.72%、たわらノーロード全世界株式は+4.95%、楽天・全世界株式は+3.9%でした。

純資産の増加額

2022年6月30日時点の純資産額については、eMAXIS Slim全世界株式が5597.44億円、SBI・全世界株式は618.18億円、たわらノーロード全世界株式は22.3億円、楽天・全世界株式は1821.1億円、SBI・V・全世界株式は102.06億円となりました。



ベンチマークとの乖離

過去1年のベンチマークとの乖離は、eMAXIS Slim全世界株式が0.0%、SBI・全世界株式は-0.99%、たわらノーロード全世界株式は-0.59%、楽天・全世界株式は-0.8%でした。

SBI・V・全世界株式も5ヵ月の乖離率は-0.82%と低くなっています。



まとめ

今月もMSCIをベンチマークとするファンドの方が、1年リターンが良い結果になりました。

過去1ヶ月、3ヵ月、6か月でマイナスリターンとなっています。

「買い付けるファンドが安くなってうれしい」と考え、短期のパフォーマンスを気にせず積み立てていきましょう。

今日も良い一日です。ありがとうございます。 

↓励みになりますので、よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました