多くのFIRE希望者がハマる~ S&P500への集中投資はリスク?

投資する

山崎元さんが米国集中投資をすすめない理由

今回は山崎元さんの記事についてです。

あいかわらず歯切れがいい内容です。

以前からもそうですが、この記事でも山崎元さんはS&P500集中投資には否定的です。

その理由として、

  1. 直近「20~30年という限られた期間」だけを見て今後も米国株の調子がいいとは判断できない。
  2. S&P500集中投資だと分散投資にならない
  3. 米国株の株主優先の経営がいいとは限らない

の3点をあげています。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

直近「20~30年という限られた期間」だけを見て今後も米国株の調子がいいとは判断できない。

山崎さんは

アメリカの株式市場の歴史は約200年あるが、そのうち重なりのない独立した40年間はたったの5回ほどだ。わずかな5つのサンプルだけで「今後もアメリカ市場の株価が伸び続けること」を判断するのは、統計的にも無理だ。

とおっしゃられています。

しかし、他国の株式市場を考えると、サンプルはもっと少なく(短かく)なるでしょう。

そうすると「株式は債券や通貨に投資するよりも高いリターンが期待できる」ということも正しいかどうかわからなくなってしまいます。

つまるところ、投資家個々人が何を根拠に投資対象を選ぶのかは、その人次第ということになるのではないでしょうか。

S&P500集中投資だと分散投資にならない

アメリカの経済政策や税率、規制が変わると、アメリカ株だけが大きな影響を受けるリスクがある。

この点は同感です。

ただ、山崎さんおすすめの全世界株式6割は米国株なので、大きな影響を受けるリスクは依然として高いままだと思います。

米国株の株主優先の経営がいいとは限らない

「現在の優等生」を買うよりも、「劣等生の将来の改善の可能性」を買うほうがいい場合があるということです。

そうであるならば、もっと多くの米国株に分散しているVTIでもいいのかなと思います。

VTIであれば、「劣等生」にも投資していることになります。

そもそも「劣等生」への投資は、リスク管理の観点から、あくまでも少額にとどめるべきだと思います。

ふるさと納税 さとふる

まとめ

私自身は「人類がより良い生活を求めることに期待しつつ、どの市場が良いのか見極める必要がない」ので全世界株式に投資しています。

結局、インデックス投資家に必要なのは、人に何を言われても愚直に同じインデックスを買い続ける力なのだと感じました。

今日も良い一日です。ありがとうございます。

↓励みになりますので、よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました