FIREを達成する不変の投資哲学

投資する

ボーグル氏による投資の10原則

インデックスファンドの父とも言うべき故ジョン・ボーグル氏はインデックス投資家の中では超有名人と言えます。

そのボーグル氏の投資哲学が10個の原則にとめられて、ボーグルヘッドのホームページに掲載されています。

その原則とは

1. 実行可能な計画を立てる(Develop a workable plan)

2.早くから、かつ定期的に投資する仕組みをつくる(Invest early and often)

3.リスクの取り過ぎや、リスクを取らないことに注意

(Never bear too much or too little risk)

4.分散(Diversify)

5.マーケットタイミングを採らない(Never try to time the market)

6.インデックスファンドを活用する(Use index funds when possible)

7.コストを低く抑える(Keep costs low)

8.税金を抑える(Minimise taxes)

9.シンプルな投資(Invest with simplicity)

10.航路を守る(Stay the course)

です。



内容はシンプル

これらの原則についてボーグルヘッドのホームページに詳細な説明が書かれていますが、大まかな内容としては以下の通りです。

・高金利の悪い借金は避ける。

・リタイアに備えて収入の一部を蓄える。

・収入より低い暮らしをする。

・収入の20%を積み立て投資することから始める。

・株式だけではなく債券をポートフォリオに組み入れる。

・個別株よりファンド、ファンドの中でもインデックスファンドに投資する

・普通の人はマーケットタイミングが読めないので、最初の投資プランを守る

・手数料の安いインデックスファンドを活用する。

高いコストはリタイアを遅くする。

・運用パフォーマンスはコントロールできないので節税する。

・ファンドを何本持つ必要はなく、世界株式ファンド1本と世界債券ファンド1本で十分である。

・株価の変動に驚いて投資を止めないようにする。

・最初の投資計画を守り抜く。

インデックス投資家ならば当然と考えていることばかりですが、実はこれらの原則を長期間にわたって守り抜くことは意外に難しいものです。

【確定拠出年金(iDeCo)専用】SBI証券

シンプルさと愚直さ

シンプルな原則を愚直に守り抜くことがベストな方法とは頭でわかっていても、人間はつい感情に動かされてしまうものです。

上昇相場の時には、インデックス投資では物足りなく思えたり、リスクを取りがちになります。

一方、下落相場の時には、恐怖心が大きくなり投資から撤退してしまいたくなるものです。

そういう時にこそ、下手な行動に出ないためにこれらの原則を思い出すべきなのです。

なお、これら10原則について解説した山崎元さんのコラムがトウシルに出ています。

興味のある方はご一読されることをおすすめします。

今日も良い一日です。ありがとうございます。

↓励みになりますので、よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
にほんブログ村

稼ぐブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました