ボーナスの運用で迷わない

投資する

出ないと考えていたボーナスが出る

コロナの影響で昨年からボーナスが減り続けており、今年はボーナスが出ないだろうと考えていました。

しかし人事から、夏のボーナス支給の通知がありました。

ちなみに支給額は30年以上のサラリーマン生活の中で最低額です。

会社の業績からすれば、出るだけマシと考えています。

ボーナスは全額投資へ

以前は、月例でない特別の出費にボーナスの一部を使っていました。

しかし基本生活費を見直すことで、現在では特別の出費も毎月の給料で対応できるようになりました。

今では毎月の給料からも積立投資ができていますので、夏のボーナスは全額投資に回す予定です。

(理想のボーナス額、気になるボーナスの使い道などについて詳細なアンケート結果を紹介されている「英語学習ひろば」さんのサイトです。↓)

一括投資か分割投資か

ボーナスを投資に回す時には、一括して投資するか、あるいは分割して投資するかという判断をしなくてはなりません。

私の場合は、今回の投資額が運用資産総額から見れば微々たるものなので、一括投資を選択します。

しかしたとえ、今の運用資産総額が小さくても、一括投資を選択するでしょう。

今後も長く積立投資を続けていくのならば、1回のボーナスで投資できる額の割合はそう大きくはありません。

複利の力を最大限に働かせるには、時間を味方につける必要があります。

とするならば、一括投資が最適解と言うことになるでしょう。

(参考として、楽天証券トウシルに「ドルコスト平均法で起こりうる3つの弊害」という記事があります。↓)



何に投資するのか

広く分散され、かつ低コストのインデックスファンドであれば、いろいろなファンドを持つ必要はありません。

保有しているファンドが多ければ、管理が面倒になります。

現在、私が積立投資しているのはeMAXIS Slim全世界(オールカントリー1本だけなので、迷わずボーナス全額を同ファンドに投資します。

リスクを取りすぎていたら

自分のポートフォリオの資産配分(アセット・アロケーション)をチェックしてみて、もしリスク資産が増えすぎていた場合はどうすれば良いでしょうか。

もしボーナスを無リスク資産とする場合、私ならば楽天銀行に預金します

楽天証券と連携させていれば、年0.1%の利息が付きます。

メガバンクの100倍の利息です。

まとめ

当たり前のことですが、ボーナスに依存しない強い家計を作ることがまず最優先です。

そしてボーナスは優良なインデックスファンドに投資して、あとは定期のリバランスをするだけです。

ボーナスが出るたびに考えなくても良い状態にしておくとラクできますね。

投資に使う時間はほどほどにして、浮いた時間は人生を豊かにすることに使いたいものです。

今日も良い一日です。ありがとうございます 。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

コメント

タイトルとURLをコピーしました