あなたの給料が減らされるかも~知っていますか? 同一労働同一賃金

社会一般

他人事ではない

同一労働同一賃金という言葉を聞いたことがありますか。

「聞いたことはあるけど難しそうだし、正社員の自分には関係なさそう」と考えているかもしれません。

しかし他人事ではありません。

近い将来、正社員のあなたの給料やボーナスが減らされるかもしれません。

そうなる前に、同一労働同一賃金について知っておきましょう。

同一労働同一賃金とは

同一労働同一賃金とは、同じ会社で正社員と正社員以外の社員(契約社員・アルバイト・パート)の間の給料、ボーナス、福利厚生などについて不合理な格差をなくそうとする国の方針です。

不合理な格差とは、ほとんどの人が納得できる理由もないのに、正社員と正社員以外の間で給料、ボーナス、福利厚生などに差をつけていることです。

この格差をなくすために「パートタイム・有期雇用労働法」という法律が作られました。

大企業については2020年4月1日から適用が始まっており、中小企業についても2021年4月1日から適用されることになっています。

具体的にはどういう物なのでしょうか。

厚生労働省のガイドラインに沿ってみていきましょう。

(厚生労働省 同一労働同一賃金ガイドライン https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000190591.html )

①本給

例えば正社員は将来的には管理職(幹部社員)になるため、数年間現場の仕事をして、その後は配置転換などがある。

一方、正社員以外は将来的に管理職となることはなく、ずっと現場の仕事をすることになっている。

この場合、正社員は管理職になるためのステップのひとつであるから、同一の仕事内容であっても、正社員以外の社員と基本給が違っていても良いとされています。

②ボーナス

例えば正社員は毎年目標を設定することが義務づけられていて、目標を達成すれば昇給があるが、達成できなければ減給がある。

一方、正社員以外は目標設定もなければ昇給・減給もない。

この場合、正社員にのみボーナスを支払い、正社員以外には支払わないことは認められます。

ただし、業績だけでボーナスを正社員のみに支給し、正社員以外には支給しない場合は、不合理な格差があるとされ、正社員以外にもボーナスを支払うべきということになります。

③各種手当

役職手当について、同一の仕事内容ならば同一の額を支払わなければいけません。

例えばリーダーという役職について、同じ仕事内容であれば、バイトリーダーも同じ額の役職手当を支払われなければならないことになります。

その他の手当、例えば通勤手当・出張旅費・日祝勤務手当・地域手当や、残業・休日出勤の割増率は正社員以外の社員も同じでなければなりません。

アルバイト・パートだから通勤手当は支払いませんというのはダメです。

④福利厚生・教育訓練

食堂・休憩室・更衣室などの福利厚生施設や、自社関連施設をおトクに利用できる制度などは正社員も正社員以外も同一の条件で利用できなくてはなりません。

転勤がないのに、正社員だけ社宅や寮が利用できるというのもダメです。

教育訓練(研修)も、同じ仕事内容ならば、同じ教育訓練(研修)が受けられなくてはいけません。

仕事内容が同じなのに、正社員だけ英会話教室で研修が受けられるとか、研修旅行に行けるなどというのはダメです。

ちなみに、定年後に再雇用された人が、契約社員であることだけで、正社員との間に不合理な待遇の差をつけられることもダメです。

あなたの給料との関係

ではこの同一労働同一賃金が、なぜ正社員のあなたの給料やボーナスにかかわるのでしょうか。

それは多くの会社で人件費の総額を増やすことが難しいからです。

つまり、正社員以外の社員の給料を上げたり、ボーナスを支給したりするには、その分正社員の人件費から削って持ってこなくてはならないからです。

もちろん正社員の待遇を下げるには、個別の同意を得ることが原則となっています。

しかし就業規則を変更することでもできてしまいます。

様々な条件を考慮して、就業規則の変更の内容が合理的だと認められる場合です。

もし正社員のあなたが、十分な知識・能力・技術を持っていて、重要な責任を担っていけるのであれば、同一労働同一賃金の導入を恐れる必要はありません。

しかしそうでない場合には、あなたの収入が減らされるか、あるいは将来にわたって増えない可能性があります。

同一労働同一賃金は、格差をなくすという優しい面とともに、仕事の重要性や成果で判断された賃金が支払われるという厳しい面を持ち込んできます。

まとめ

「正社員の身分と終身雇用で、定年まで安泰」という時代は終わりつつあります。

今後は自分の知識・能力・技術を高める努力を続けつつ、会社だけに頼らない人生設計がますます重要となってくるでしょう。

今日も良い一日です。 ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました