何に投資すれば分からない人の解決策

投資する

短期のリターンはわからない

投資を始めようと思っても、株式、債券、リート(不動産投信)など、いろいろあって分からないという方も多いのではないでしょうか。

モーニングスターが公表している資産クラス別リターン(2011~2020年)を見ても、毎年上位の資産クラスは入れ替わっています。

画像元:モーニングスターHP

ですから、短期で高リターンを出し続ける資産クラスを当てることは困難であると言えます。

もっとも過去100年以上の実績では、株式が最も高リターンだったことはわかっています。

私たちの年金の一部を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の資料でも、株式のほうが債券よりもリターンが高いことが示されています。

画像元:GPIF

ただし、株式は高リターンゆえ高リスクとも言えます。

株式のリターンのブレが大きいこともGPIFの資料で示されています。

画像元:GPIF

標準偏差が大きいほど、リターンのブレが大きいと言うことです。

つまり株式に投資すれば、一時的には大きな含み損を抱えることも、想定しておかなければならないのです。

資産クラスどうしの関係は?

次に相関係数の表を見てみましょう。

相関係数は、2つの資産クラスが同じ動きをする時には1、1未満では0に近づくほど2つの資産クラスの動きは関係が弱くなり、0でまったく無関係となります。

そして0未満-1以下では2つの資産クラスは反対の動きになっていきます。

画像元:三菱UFJ国際投信

この表によると、例えば国内株式と国内債券の相関係数は-0.185なので、やや反対の動きをすることがわかります。

つまり債券は株式が下落に転じた時にクッションの役割を果たしてくれるのです。



まずはシンプルな資産配分から

では株式と債券を組み合わせるのがよいのでしょうか。

私は、初心者の方があえて自分のポートフォリオを複雑にする必要はないと考えます。

初心者のうちは、シンプルにポートフォリオを現預金と株式で構成することで十分です

そしてリスクはポートフォリオの現預金の比率でコントロールするのです。

最初はできるだけシンプルな形で始め、投資に慣れてきたならば、運用資産の一部を気になった運用商品に振り向けば良いのです。

いずれにしても、まずは自分のリスク許容度をよく考えてみることが大切です。

早く儲けようとして、リスク資産に一度にたくさん投資することには慎重になりましょう。

今日も良い一日です。ありがとうございます。

【確定拠出年金(iDeCo)専用】SBI証券

コメント

タイトルとURLをコピーしました