250円を5年で1億円以上に増やす~FIRE最速で経済的自立を実現する方法

書評

「FIRE 最速で経済的自立を実現する方法」 グラント・サバティエ著 朝日新聞出版刊行を読みました。

同書は2.26ドルしか持っていなかった著者が、5年で純資産を125万ドルにまで増やし30歳で経済的自由を達成した方法を紹介したものです。

同書では経済的自由を達成するまでの道のりを、7つのステップに分けて詳しく説明しています。

その7つのステップとは、

ステップ1 自分の目標とする数字を把握せよ

ステップ2 今持っている金額を計算せよ

ステップ3 お金に対する考え方を根本的に改め

ステップ4 予算を立てず、あなたの貯蓄に最も大きな影響を与えるものだけに集中せよ

ステップ5 9時5時の仕事をハックせ

ステップ6 儲かる副業を始め、収入源を複数持とう

ステップ7 できるだけ多くのお金を、できるだけ早く、できるだけ頻繁に投資せよ

です。

ではそれぞれについて見ていきましょう。

ステップ1 自分の目標とする数字を把握せよ

著者も基本的にはトリニティスタディにのっとり、年間支出の少なくとも25倍の貯蓄をFIREの目標としています。

まずは自分の支出を正確に把握し、毎月繰り返し生じる支出が積み重なるとどれくらいのインパクトがあるのかを計算するようにすすめています。

いわゆるラテマネー(毎日テイクアウトするコーヒー代)などは典型的なものです。

また著者は支出を下げるために、どこに住むかも重要だと述べています。

アメリカでは、ニューヨークのマンハッタンでの生活費が一番高くなります。

同様に日本では東京23区内に住めば住居費が高くなり、生活費は大きくなりがちです。

生活費が安くなる地域に住むか、住居費を抑える工夫が必要です。

ステップ2 今持っている金額を計算せよ

このステップでは現在の自分の資産と負債を洗い出すことになります。

銀行口座、投資口座の残高だけではなく、売れる所持品で100ドル以上のものをすべてリストアップして、まず自分の資産を計算します。

次に自分の負債を把握します。

ローンと名のつくものや、クレジットのキャッシングなど全てを書き出して計算します。

そして計算した資産から負債を差し引き、自分の純資産を計算します。

結局ここで著者が言いたいのは、お金の管理を日々できているかどうかということです。

著者曰く、「日々の習慣でお金持ちになれるかどうかは決まる。」

全く同感です。

ステップ3 お金に対する考え方を根本的に改めよ

お金を使うことに対して意識を高く持てば、お金を使う時により賢明な判断ができます。

全ての支出について、真のコストをよく考え、本当に支払う価値があるのかを決める必要があります。

そのためにはまず、自分の実質時給を計算してみる必要があります。

実質時給は単なる労働時間だけではなく、仕事へ行く準備、通勤、仕事着の購入、仕事によるストレス解消など仕事に関わる全てを考慮して計算します。

そしてお金を支払うときには、常にこの実質時給をもとにして、その価値に見合うかを考えます。

たとえば実質時給が900円ならば、300円のコーヒーを買うことは、あなたの労働20分と引き換えることと同じです。

それでも買う価値がるものでしょうか?

また同じものを買ったり、サービスを受けるために、割高な金額を払っていないかどうかも気をつけなければいけません。

たとえば、外食ではなく自炊でできないか、買うのではなく無料でもらえないか、新品ではなく中古ではどうかなどです。

お金を支払う前によく考えてみるのです。

ステップ4 予算を立てず、あなたの構築に最も大きな影響を与えるものだけに集中せよ

「予算を立てない」とはちょっと意外ですが、著者が言いたいのは「大きくなりがちな住居費、交通費、食費をメインに減らしなさい」ということです。

特に住居費は一般家計の30%程度を占めるので、これを減らすことができれば、インパクトは大きいです。

ステップ5 9時5時の仕事をハックせよ

このステップで著者は昇給の勝ち取り方を述べていますが、日本の会社で実行するのはちょっと難しいでしょう。

むしろ、転職エージェントなどを使って自分の現在の価値を客観視し、自分の価値に見合わない給料しか払わない会社から、自分の価値を認めてくれる会社への転職が現実的な方法だと思います。

ステップ6 儲かる副業を始め収入源を複数持とう

著者も本業以外の副業によって蓄財を加速したので、副業を大いにすすめています。

著者がすすめている副業は自営業(個人事業主)であり、時間の制約を受ける雇われ仕事を掛け持ちすることではありません。

そして副業で得た収入はできるだけ投資に回します。

もし副業収入が支出をカバーできるまでに成長すれば、さらにFIREを早められるかもしれません。

ステップ7 できるだけ多くのお金を、できるだけ早く、できるだけ頻繁に投資せよ

このステップでは資産運用について基本的なことが述べられています。

投資において自分がコントロールできるのは、

・リスクを抑える

・手数料抑える

・税金を抑える

ことです。

日本で同じことを実践するならば、iDeCoやつみたてNISAを使ってインデックスファンドを購入し、現金預金とリスク資産の比率(アセットアロケーション)を適切に保つことになります、

まとめ

この本には短期間で経済的自由を達成したノウハウがぎっしりと詰まっています。

 FIREを目指す方にとっては必読の書籍だと思います。.

今日も良い一日です。ありがとうございます。



コメント

タイトルとURLをコピーしました