子供の学費を500万円貯める方法

経済的自由

私立文系は4年間で約540万円

子供の教育で一番気になるのは大学の学費です。

国公立大学に進学してくれれば良いのですが、まだ子供が小さいうちから将来の学力を予想することなどできません。

文部科学省の調査によれば、4年間の学費は私立文系だと約400万円私立理系だと約540万円となります。

文部科学省 私立大学等の平成30年度入学者に係る学生納付金等調査結果についてに基づき作成 

私立理系の540万円の全額をカバーする額とまではいかなくても、子供1人あたり500万円は学費として貯めておきたいところです。

現行の児童手当制度では、

第1・2子は3歳になるまで月額1万5,000円

3歳以降15歳の月末までは月額1万円

が支給されます(高所得者には減額があります)。

この児童手当を使わずに全て貯蓄していれば、総額で198万円になります。

ということは、家計から貯めるのは、

500万円-198万円= 302万円

になります。



具体的な貯蓄プラン

ではこの302万円を貯めるプランを考えてみましょう。

子供が小さい時(0~4歳)には、子供に手がかかり副業もしづらく、かつ親の収入も低いので毎月1万円を貯蓄します。

子供が幼稚園から小学校に通っている間(4~12歳)が貯め時です。

この間は毎月2万円貯蓄します。

子供が中学校入学後は塾など他の教育費の出費を考えて、17歳の誕生日の2ヵ月まで毎月1万円を貯蓄します

すると、

0~4歳になるまで 1万円×48ヵ月=48万円

4~12歳になるまで 2万円×96ヵ月=192万円

12~17歳2か月 1万円×62ヵ月=62万円

48万円+192万円+62万円=302万円

となり、目標額が貯められました。

また子供が小さいうちは大学入学までの期間が長いので、株式投資信託などで運用することもできます。

運用益が出ていれば500万円以上を貯めることも可能です。

ただしギリギリまで多額をリスク資産で運用していると、大学入学直前で株式暴落ということもありうるので、少しずつ安全資産にシフトしていくことが必要です。

子供が2人のときは

これまでの計算は子供1人分です。

子供2人だと、毎月の貯蓄額は2倍になります。

でもそんなに学費に貯蓄できないという場合は、「親が学費を全額準備しなければならない」という考えから、「子供にも一部負担してもらう」という考えにシフトすることもアリでしょう。

しかしその場合は、児童手当は絶対に使わずに貯めておき、お祝いなどでもらったお金も貯めておくようにしましょう。

そうすれば200万円は貯まります。

あとは家計からできる範囲で貯蓄に回し、不足分は奨学金を借りて子供に返済してもらうことになります。



まとめ

子供の学費を貯めるのは、普通の親にとっても大変ですが、FIREを目指す場合にはもっと大変です。

子供が2人いれば、FIRE資金のほかに1,000万円ほど貯めなければなりません。

そのためにはより一層の収入アップと支出の最適化が欠かせませんね。

今日も良い一日です。ありがとうございます。

↓励みになりますので、よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました