お金が貯められる銀行口座 おすすめの使い分け

支出を減らす

銀行口座は目的別に使い分ける

お金が貯められないという方は、銀行口座を1つしか持っていないというケースが多いのではないでしょうか。

ひとつの銀行口座だけで管理しようとすると

・何のためにいくら残しておけばいいのかわからない

・残高が多ければ、少しくらい使っても大丈夫だろうという誘惑がある

・急な出費で現金が不足する

というデメリットがあります。

一方、銀行口座を目的別に分けると

・その口座に入っているお金の使い道が明確になる

・ムダづかいがなくなる

というメリットがあります。

いくつに分ければいいの

まず銀行口座が1つの方は少なくとも3つに分けてみることをオススメします。

その3つとは

1.日常家計用

2.生活防衛用

3.投資貯蓄用

です。

以下1つずつ見ていきます。



3つの口座で管理

1.日常家計用

毎月の収入や支出を管理する口座です。

・給料の振込み

・毎月のクレジットカードの引き落とし

・毎月の固定費が引き落とし

・毎月の生活費の引き出し

に使います。

この口座に残しておく金額は、毎月の生活費+引き落とし+20~30万ぐらいです。

プラスしている20~30万円で急な出費に備えます

2.生活防衛用

原則的に手をつけない口座です。

失業、病気、ケガなどで働けなくなり、収入がなくなった時に使う生活防衛資金を預けておきます。

毎月の生活コストの少なくとも6ヶ月分は確保しておきます。

年齢が高く再就職が難しい場合や、株式に投資している運用資産に手をつけたくない場合は2~3年分を確保しておきます。

3.投資(貯蓄)用

毎月投資や貯蓄に回すと決めたお金を入金する口座です。

毎月、この口座に自動で資金を移す仕組みにしておけば、確実に貯められます。

例えば、定額自動送金・定額自動入金サービスを提供している銀行を利用すれば、資金移動を自動化できます。



5つの口座で管理

3つではなく5つに分けても管理できる方は、さらに2つの目的別口座にお金を移して管理します。

この場合以下の5つに分けます。

1.日常家庭用

2.生活防衛用

3.投資貯蓄用

4.急な出費用

5.特定目的用

1~3は同じなので以下に4と5について説明します。

4.急な出費用

予定していなかった急な出費に備えてお金を置いておくための口座です。

例えば、

・急なけが病気の医療費

・突然故障した家電・PC・スマホの買い替え費用

などに使います。

この口座があれば、日常家計用の口座に残しておくお金は、毎月の生活コストギリギリでも良くなります。

そのため日常家計用には毎月ほぼお金が残らないので、ムダづかいを防ぐ効果がアップします。

5.特定目的用

支出時期と支出額がある程度分かっている費用のためにお金を積み立てておく口座です。

例えば

・火災保険の更新料

・賃貸契約の更新料

・税金の支払い

・家電、PCの買い替え費用(家電、PCは5年くらいで壊れるものとして準備しておく)

・子供の進学時の諸費用(机の購入、制服・体操服や高校生以上ならば教科書の購入費など、学費以外にも10万円くらいは用意しておきたいです)

などに使います。

銀行口座間の資金を要するための裏ワザ

「5つも口座があったら ATM で引き出したり、預け入れたり大変じゃないの?」と思われる方もいるでしょう。

しかし、ネット証券(楽天証券、SBI 証券)を使えば、手動ですがネット上の操作で資金の移動ができます。

例えば、楽天証券の口座に楽天銀行ともう1つの銀行口座を登録しておけば

1.リアルタイム入金ができる銀行口座から楽天証券の口座へ入金する。

2.楽天証券に登録している出金用銀行口座に指定日出金する。

3.残ったお金は、楽天銀行の口座にオートスイープで入金する。

ということが無料でできます。

ポイントは楽天証券・SBI 証券を中継点として使うことです。

これに先ほど述べた定額自動出金・定額自動入金サービスを加えれば、5つの口座間の資金移動が ネット上完結し、かつ無料で行えます。

まとめ

まだ銀行口座を1つしか持っていない方は、3つから始めてみて、慣れてきたら5つに増やしてみてはいかがでしょうか。

5つの銀行口座でお金を管理できれば、

・お金が貯まらない

・急な出費で困った

・リストラですぐに生活できなくなる

ということもなくなるでしょう。

まずは始めてみることが重要です。

今日も良い一日です。 ありがとうございます。 

SBI証券[旧イー・トレード証券]

コメント

タイトルとURLをコピーしました