iDeCoにするかつみたてNISAにするか

投資する

どちらにすべきかわからない

積立投資をはじめてみようと思ったものの、iDeCoにすべきかつみたてNISAにすべきか、どちらを選んでいいかわからないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

今回はどちらを選ぶべきか、数ある運用商品の中から何に投資するのがおすすめなのかについて見ていきます。



iDeCoは年金

そもそもiDeCoは個人型確定拠出年金のことです。

その名のとおり年金なので、iDeCoで貯めたお金は原則60歳以降でないと引き出すことができません。

ですから60歳前に使う可能性のある資金の運用には向きません。

あくまで老後の備えであり、公的年金が不足する分をカバーするための制度です。

一方つみたてNISAは20年間、毎年40万円までの非課税枠を使って資金を長期で運用する制度です。

40歳からはじめると60歳までの積み立てになりますが、22歳からはじめれば42歳で積み立ては終わります。

一度資金を引き出すと、その非課税枠は使えなくなりますが、iDeCoと違って 60歳未満でも資金を引き出すことができます。

ですから、長期にわたって運用する予定であっても、60歳前に使う可能性のある資金の運用であればつみたてNISAが向いています。

iDeCoは運用商品の乗り換えが可能

このように、運用資金の性質によってiDeCoにするかつみたてNISAにするかを決めればいいでしょう。

もし老後資金の運用と決まっているのであればiDeCoがおすすめです。

その第1の理由は60歳まで引き出せないことです。

積立をはじめた後にたとえ気が変わっても、その資金は老後資金としか使えません。

特に「自分は意志が弱いので途中で引き出ししまうかも」と思っているのであればうってつけです。

第2の理由は運用商品の乗り換え(スイッチング)ができることです。

投資の経験を積むにしたがって、初心者のうちに選んだ運用商品がベストではないと思うことがあります。

そんな場合でも、iDeCoであれば運用益が非課税のまま、別の運用商品への乗り換えができます。

またその際に手数料もかかりません。



どんな商品で運用したらよいのか

次にiDeCoやつみたてNISAで運用する場合、どんな運用商品を選べばいいのでしょうか。

せっかく非課税で運用できるのですから、長期で運用するほど利益が出やすい株式投信で運用するのが良いと思います。

なかでも世界の経済成長の恩恵を受けることができる、全世界型のインデックス株式投信がおすすめです。

できるだけ運用管理費用(信託報酬)が低い商品を選びましょう。

まとめ

iDeCoにするかつみたてNISAにするかを決めるのに役立ちましたでしょうか。

投資は期間が長いほど複利のメリットが活かせます。

まずは少額からはじめてみることが重要なのです。

今日も良い一日です。ありがとうございます。

↓励みなりますので、よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました