使わなきゃ損!~ジュニアNISA

投資する

ジュニア NISA とは

ジュニアNISAは19歳以下の子供名義で開設できる投資口座です。

非課税期間は5年で、年間80万円までの投資に対する配当金や譲渡益が非課税となります。

2023年でジュニアNISAの口座開設と投資可能期間が終了することが決定し、今まで最大のネックであった資金を18歳未満の間は引き出せないという制限がなくなりました

ジュニアNISAを2021年から始めれば、最高240万円を非課税で運用することができます。

では、2023年以降はどのようになるのでしょうか。

2023年の制度終了時点で子供が20歳になっていれば、自動的に一般NISA口座が開設されて運用資産が引き継がれます。

2023年に子供が20歳になっていない場合は、2024年以降の各年において、5年の非課税期間が終了した投資商品は継続管理勘定に移管(ロールオーバー)することができます。

継続管理勘定では、20歳になるまで非課税で運用商品を保有することができます。

また移管(ロールオーバー)の金額にも上限はなく、例えば80万円を投資したものが160万円になっていても、そのまま160万円が非課税で保有できます。

画像元:金融庁HP

教育資金ならば運用期間とリスク商品の割合に注意

教育資金はあらかじめ運用資産を取り崩さなければならない時期が分かっています。

ジュニアNISAを使えば投資の運用益や分配金が非課税だからといって、多くの額をリスク商品に投資していると、取り崩すときに株式相場が下落していれば、投資元本を下回る可能性もあります

子供の年齢が8歳未満であれば、10年以上の運用期間があるので、途中で株式相場が暴落しても回復する見込みは十分にあります。

問題は子どもの年齢が8歳以上の場合です。

この場合はリスク商品に投資する額を20%程度におさえておくことが賢明だと思います。

現在は好調な株式相場も、今後10年以内には暴落があると考えておくぐらいがちょうど良いと思います。

株式市場が暴落すると回復に5年程度はかかるので、ジュニアNISA以外に十分な教育資金が準備できる方は別として、それ以外の方は非課税枠ギリギリまで投資するのはリスクが大きいと思います。

一方、教育資金ではなく、子供が成人して何か必要になった時に取り崩せばいいと考えてジュニアNISA口座で投資をするのであれば、リスク商品を多めにしても良いと思います。

たとえば、現在子供が18歳であっても、子供が成人後ずっと運用し続けるのであれば、10年以内に暴落があったとしても、いずれ株式市場は回復するからです。

ジュニアNISAおすすめの証券会社

私のおすすめ証券会社はSBI証券です。

ジュニアNISAで唯一外国株式に対応しているのがSBI 証券です。

このため幅広い投資商品から投資先を選択することができます。

分配金が定期的に出る米国 ETFに投資するならば、分配金非課税の利点を十分に使うことができます。

次におすすめなのが楽天証券です。

国内株式や投資信託から投資商品を選択できれば良いと考えるのであれば、楽天証券もおすすめです。

子供が成人して運用を続ける場合も、楽天証券ならばポイント制度など様々なメリットがあります。

ジュニアNISAのおすすめ投資商品

米国ETF

米国 ETF に投資できるのならば以下の商品がおすすめです。

積極運用ができる方

VT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)

全世界に投資するETFなので、今後成長する国のリターンもねらえます。

ジュニア NISA からスタートして、かなりの長期投資になるのならば、今の米国優位が崩れてもこのETFは自動的に投資先をリバランスしてくれます。

VTI(バンガード・トータルストック・マーケットETF)

米国のほぼ全ての株式に投資することができます。

もし米国の優位が今後も続くと考えるならば良いETFです。

SPYD(スパイダーS&P500高配当ETF)

米国S&P500に含まれる株式のうち高配当株式に投資するものです。

分配金の利回りは4%程度となっており、分配金非課税のメリットが生かせます。

手堅い運用をしたい方

BND(バンガード・トータル債券市場ETF)
AGG(iシェアーズ・コア米国総合債券市場ETF)

どちらも米国の信用格付けの高い債券に分散投資するETFです。

分配金の利回りはどちらも2%程度です。

こちらも分配金非課税のメリットが生かせます。

これらの債権に投資するETFは株式に投資するETFと比べると、値上がり益はあまり期待できません。

しかし株式市場暴落時の下落が小さいことがメリットです。

リーマンショックの時には株式が40~50%下げたのに対し、これら債券ETFの下落は5%ほどで済みました。

ただし、いずれのETFも為替リスクがあること、2024年以降分配金の再投資はできないことは十分ご承知おきください。

米国 ETF ではなく国内投信で十分とお考えの方

以下のインデックス投資信託が投資家からの評価も高くおすすめです。

eMAXIS Slim全世界株式ファンド

eMAXIS Slim米国株式ファンド

楽天・全世界株式インデックスファンド

楽天・全米株式インデックスファンド

まとめ

ジュニアNISAの制度終了が決まって、かえって使いやすい制度になりました。

教育資金を準備するための選択肢として、ジュニアNISAは良いものです。

しかし、子供の教育資金が必要になるまでの年数とリスク商品の割合は、よく考えなければなりません。

必要な時に元本割れをしていては目も当てられません。

一方、子供への資産の贈与として考えるならば、子供の投資教育としての観点からも、リスク資産を多く組み入れて良いと思います

リスク商品が長い年月をかけてリターンを積み上げていく様子を、子供に見せることができるからです。

せっかくのおトクな制度ですから上手に使いたいですね。

今日も良い一日です。 ありがとうございます。

関連記事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました