火災保険の見直し~大幅に安くなりました

支出を減らす

火災保険も固定費

現在の賃貸用火災保険は引っ越し時に、仲介した不動産業者で加入したものです。

そういう場合、割高な保険料になっていることが多いものです。

「見直さなければいけない」と思いつつ放置していましたが、さまざまな固定費の見直しの一環で今回火災保険も見直しました。

どんな保険が必要

賃貸派にとって必要な保険のメインは家財保険です。

それに加えて借家人賠償責任特約、賃貸契約によっては修理費用特約個人賠償責任保険特約も必要になります。

以下それぞれについて見ていきます。

家財保険

賃借人用の火災保険の対象は、建物内にある賃借人が所有する家財です。

火災や水漏れなどによって、その家財に損害が発生した場合に補償してくれるものです。

ではいくらぐらいの家財保険が必要なのでしょうか?

保険会社のパンフレットを見ると、各社簡易試算表を載せています。

私の年齢で家族持ちだと1,500万円ぐらいは必要とのこと。

画像元:損保ジャパン日本興亜 THE家財の保険パンフレット

「いやいやそんなに要りません」、保険会社の積算額は高すぎます。

保険金額が大きくなれば、当然支払う保険料も高くなります

そもそも、すでに物が多くて家の中が狭いので、物を減らしたいとも考えています。

万一の場合でも、全ての家財を新しく買い直すつもりはありません。

ですからパンフレットに記載されている各項目について、我が家ではいくらくらいが適切なのかチェックしてみました。

家具・寝具

(保険会社の例:400万円 我が家:100万円

ベッドやソファなどは、家が狭くなるので持っていません。

子供も学習机を使わず、ダイニングテーブルなどで勉強しています。

我が家で必要なのは、ダイニングテーブルセット、食器棚、本棚、ドレッサー、洋服ダンス、布団などです。

ニトリで買えば100万円で十分おつりがきます。

台所用品

(保険会社の例:100万円 我が家:50万円

一番高いのは冷蔵庫です。

次にオーブン・レンジなどの調理家電です。

食器や調理器具もこだわっているわけではないので、そんなに高価なものはほとんどありません。

50万円もあれば十分と考えました。

衣類

(保険会社の例:400万円 我が家:50万円

保険会社の例の衣類400万円って、みなさんどんなに高価な服を持っているのでしょう?

我が家の衣類でそれなりに高いのは、礼服と学校の制服ぐらいです。

スーツも最近ほとんど着ることが無くなりましたので1着あれば十分です。

あとの衣類はユニクロ、GU、しまむらで買えばそんなに高額になりません。

家電

(保険会社の例:100万円 我が家:80万円

我が家で一番高価な家電である冷蔵庫が、台所用品の項目に入っているので、高価な家電といえば後はパソコン、テレビ、洗濯機ぐらいです

そんなにこだわりがなければ、今の時代、ネットで買えばかなり安く手に入りますので、80万円もあれば十分です。

身の回り用品

(保険会社の例:300万円 我が家:50万円

靴、バッグや時計などとパンフレットに書かれていますが、我が家には高級なものはありません。

50万円でお釣りがきます。

娯楽・趣味用品

(保険会社の例:150万円 我が家:20万円

ゴルフやスキーなど、高価な用具が必要なスポーツはしません。

楽器も持っていません。

思いつくのは書籍と DVDぐらいです。

かといって、全てを買い直す必要があるとは思えません。

20万円でも余ります。

学用品

(保険会社の例:50万円 我が家:10万円

教科書、文房具、問題集ぐらいでしょうか。

10万円で十分です。

以上全てをトータルすると、我が家で買い直す必要のある家財は360万円くらいです。

そのため家財保険の必要額は400万円としました。

借家人賠償責任・修理費用特約

大家さんから借りている居室を過失で傷つけたり、壊したりしてしまった場合に補償してくれる特約です。

家財は超ミニマリスト生活に切り替えれば、必要最小限に抑えられますが、大家さんへの賠償はそういうわけにはいきません。

実際に発生したら大きな賠償額となるので、借家人賠償責任については2,000万円は必要と考えました。

ちなみに過去には、台所で備え付けの棚を焦がしたり、子供が和室の畳をボロボロにしてしまい、火災保険で修理してもらった経験があります。

修理費用特約は、賃貸借契約で借主が修理費を負担することになっている所を修理した場合に補償してくれる特約です。

だいたいセットでついてくるので、100万円以上あれば良しとしました。

個人賠償責任保険

日常生活の中で第三者に対してケガをさせたり、他人の物を壊してしまったりして法律上の損害賠償義務を負ったときにカバーする保険です。

階下に水漏れさせて他人の物を壊してしまった時などに必要です。

また、自分や家族が自転車に乗る場合、今では必須の保険です

勤務先の団体保険で3億円の補償のついた個人賠償責任保険を格安で加入しているので、重ねて入る必要なしと考え、今回は火災保険からは省きました。

相見積もりをしてみました

我が家が火災保険に必要とする補償額は、

・家財保険 400万円

・地震保険 200万円(家財の50%)

・借家人賠償責任 2000万円

です。

この条件をもとに、相見積もりをしました。

都道府県民共済と少額短期保険については、ネットで見積もりをしてみましたが、借家人賠償責任が1,000万円だったので除外しました。

全労済の住まいる共済も、参考に見積もりをしました

その結果は、

全労済 住まいる共済 6,200円/年 12,400円/2年

保険会社 A社 10,530円/2年

保険会社 B社 12,430円/2年

保険会社 C社 15,470円/2年

保険会社 D社 21,100円/2年

保険会社 E社 24,640円/2年

というものでした。

一番安かったのはA社でしたが、保険請求時に認定率・認定額が低いという話を聞いたので、次に安いB社の火災保険に加入することにしました。

現在の保険料と比べると2年で1万円以上安くなります。

汚損・破損をカバーしないものであれば、もっと安くなりますが我が家では必要と判断しました。

まとめ

今回、火災保険の見直しをしてみて、不動産業者で加入した火災保険がいかに割高だったかということがわかりました。

初めから自分の望む補償だけの適切な火災保険に加入できれば一番良いのですが、引っ越しの時には結構バタバタしていて、そこまで手が回らなかったりします。

時間が無くて高い火災保険に加入してしまっていても、解約すれば残っている期間分の保険料は戻ってきます。

引っ越し後落ち着いたら、火災保険の見直しをオススメします。

今日も良い一日です。ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました