パート主婦の老後資金~おトクな運用法 つみたてNISAとiDeCo

投資する

どの制度を使うのがおトクか

40代後半のパート主婦の親族から、老後資産をつくる方法について相談を受けました。

その親族は年金の受給開始の65歳まで、まだ20年弱あります。

現在、夫は会社員で、パートは所得税法上の扶養の範囲内(年間103万円)で働いています。

この主婦が老後資金づくりに使えるおトクな制度は何でしょうか?

それはつみたてNISAiDeCo(イデコ)です。

いずれも運用益が非課税となります。

所得税を支払っているならば、所得控除のあるiDeCoの方がおトクですが、その親族は所得税のかからないパート主婦なので、まずはつみたてNISAをすすめました。

もしつみたてNISAの枠以上に積み立てができるのであれば、 iDeCoでの積み立てを考えます。

さらにそれ以上に積み立てができるのであれば、特定口座での積み立てという順になります。

それぞれの制度について、ひとつずつ見ていきます。

①つみたてNISA

つみたてNISA は毎年40万円を20年間、合計800万円まで非課税で運用できる制度です。

毎月均等に積み立てるとすると、1ヶ月あたり3万3,333円になります。

仮に、毎月3万3,333円を20年間積み立て、年率5%で運用できたとすると、20年後の運用資産は1,370万円になっています。

元本800万円に運用益が570万円乗っていますが、これを引き出しても税金はかかりません。

つみたてNISAのメリットは、

・800万円という大きな元本の運用益が非課税

・60歳未満でも引き出し可能

・長期投資に向かない商品が金融庁によって除外されている

ということです。

(金融庁 つみたてNISA対象商品 https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/tsumitate/target/index.html )

一方デメリットは、

・一度投資した商品から他の商品へのスイッチング(乗り換え)ができない

ことです。

つみたてNISAの場合、 一度売却してしまうとその枠はもう使えません。

画像元:金融庁

② iDeCo(イデコ)

iDeCoは個人型確定拠出年金のことです。

自分で積み立てた運用資産を、60歳以降に一時金または年金として受け取るものです。

パート収入が扶養の範囲内の収入であれば、iDeCoのメリットである所得から掛金を控除できるという仕組みは使えません。

ですから、つみたてNISAの枠以上に組み立てる場合に、iDeCoの利用を考えます。

パート主婦の場合、1ヶ月あたりの積立額の上限は2万3,000円です。

年間27万6,000円までの掛け金による運用益が非課税となります。

画像元:イデコ公式サイト

ただし、60歳以上で資金を引き出す時に、所得税がかかる場合があります(年金形式で受け取る場合は65歳未満で70万円以上、65歳以上で120万円以上のとき)。

仮に、毎月2万3,000円を20年間積み立て、年率5%で運用できたとすると、20年後の運用資産は945万円になっています。

先ほどのつみたてNISAでの運用分と合わせると2,315万円になります。

iDeCoのメリットは、

・運用中に他の商品へのスイッチング(乗り換え)は何度でも可能

ということです。

一方デメリット

・初期費用2,829円の他に、安くても年間2,052円の手数料がかかる

・60歳まで引き出せない

ことです。



③特定口座

特定口座での運用益に対しては課税されるので、つみたてNISAとiDeCoの枠を超えて積み立てをしたい場合に利用します。

しかし、家計に余裕があるのならば、税金を気にせずにドンドン積み立てていくべきです。

年間103万円のパート収入を全て老後資金作りに当てられるとすれば、つみたてNISAとiDeCo の積み立て以外に、まだ毎月2万9,500円を積み立てることができます。

仮に、毎月2万9,500円を20年間積み立て、年率5%で運用できたとすると、20年後の運用資産は1,213万円になっています。

この運用益には課税されるので、手取り額は1,110万円になります。

つみたてNISAとiDeCoの運用資産を加えると、合計3,528万円にもなります。

普通に暮らすには十分な老後資金です。

まとめ

パート主婦の収入を運用するだけでもかなりの老後資産になります。

実際は、自分のリスク許容度を考えて運用する商品を決めることになります。

しかし、夫の収入だけで生活できるのならば、株式投信などで積極運用することもできます。

万一、株式市場の暴落に直面しても、株価が回復するまで持ちこたえることができるからです。

まさに扶養に入っている強みですね。

今日も良い一日です。ありがとうございます。 

(関連記事です)

【確定拠出年金(iDeCo)専用】SBI証券

コメント

タイトルとURLをコピーしました