株主優待で取得したクオカードのおトクな使い道

支出を減らす

株主優待で入手

クロス取引をすることにより、額面の50%未満の手数料で、株主優待のクオカードを定期的に入手しています。

このクオカードを使うことで、いろいろなものを実質的には安く購入することができます。

今回は株主優待で入手したクオカードの使い道を、節約の観点から見ていきましょう。

書店で書籍・文具を購入

クオカードは多くの書店で使用できます。

安く入手したクオカードがあれば、メルカリやヤフオクで中古品を買うよりも実質的には安く、新品の書籍を入手できます。

私がよく利用するのは紀伊国屋書店です。

紀伊国屋書店で購入すれば、購入額100円につき1ポイントのKINOKUNIYAポイントが付与され、次回の購入時に1ポイントから使えるので、ダブルでおトクです。

事前にKINOナビで店舗の在庫の有無を確認しておき、店舗にあれば取り置きを依頼し、店舗になければ取り寄せをすることもできます。

Amazonなどのネット書店は在庫が豊富なうえに、自宅まで配送してくれるので便利なのですが、基本的には定価での購入です(もちろん楽天ブックスでは楽天ポイントを使って購入することはできます)。

私の場合、出かけたついでに立ち寄ることが多いので、クオカードが使える紀伊国屋書店で書籍を購入することが多くなっています。

ドラッグストアで日用品・薬を購入

クオカードはマツモトキヨシでも使用できます。

マツモトキヨシ現金ポイントカードを持っていれば、購入額100円につき1ポイントが付与され、200ポイント貯めると値引きが受けられます。

また定期的に10・15%オフクーポンがついたハガキも送られてくるので、これも併用しています。

ハガキが来なくても、店舗で買い物をすると、翌月に使える10%オフクーポンをもらうこともあります。

クオカードとクーポンを使うことで、マツモトキヨシで販売されている日用品・薬を実質的には値札の40%以下で購入していることになります。

これで日用品費・薬代が大幅に節約できるので、重宝しています。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

オムニ7で使用

セブン&アイホールディングスのネット通販サイト「オムニ7」で商品を購入し、近くのセブンイレブンで支払いと受け取りをすれば、クオカードが使えます。

私は書籍を購入した事しかありませんが、食品も購入できます。

もちろん、セブンイレブンの店舗で販売している商品(除外品以外)を購入し、クオカードで支払うことで、価格次第では食費・日用品費も節約することができます。

ただし、オムニ7で注文した商品をセブンイレブンに受け取りに行ったついでに、余計なものを買っていては節約になりませんのでご注意を。

ガソリンスタンドで使う

私は車を持っていないので使ったことがありませんが、エネオスやJA- SSのガソリンスタンドでもクオカードが使えます。

車を持っているならば、節約の選択肢のひとつとなりえます。

まとめ

以前は私もクオカードはコンビニで使う物だと考えていました。

しかしよく調べれば、コンビニ以外でもいろいろなお店で使えます。

株主優待のクオカードを使うことで、基本的に定価で販売されているものをより安く、または安く販売されているものをさらに安く購入できれば、家計の支出を削減できます。

株主優待の廃止が相次いでいるので、入手できるうちにできるだけ確保しておきたいと考えています。

今日も良い一日です。ありがとうございます。



コメント

タイトルとURLをコピーしました