積立投資のメリット・デメリット

投資する



知っていますか? 積立投資のメリット・デメリット

投資をしようと決めても、まとまった資金を最初から準備できる方は少ないと思います。

そうなると、月々やボーナスから定額の資金を定期的に積み立てていくことになります。

今回は「積立投資のすべて」/星野泰平(パンローリング刊)の中から、積立投資のメリット・デメリットなどについて、いくつかピックアップしてご紹介します。

ファンドの基準価格が半額になったら

リスク資産に投資すれば当然、毎日価格は変動します。

多くの方は右肩上がりの上昇を期待して投資に参入しますが、積立投資をしている途中で、投資しているファンドの価格が半額になった場合にはどうなるのでしょうか。

ケース1

あるファンドを10年にわたり、毎月1万円の積立投資を続けた場合で考えます。

このファンドの基準価格は投資開始時に1万円だったのですが、7年後には2,000円まで下落し投資終了時に5,000円まで回復した場合、積立元本120万円に対して運用資産の総額はいくらになるでしょうか? (「積立投資のすべて」星野泰著から改変して引用)

基準価格が半額まで下がったのだから、損失を出しているように思えますが、実は約139万円になります。

基準価格が下落しても、半額にまで戻せば19万円の利益が出ていることになります。

これは、

積立投資の評価額=買い込んだ口数×投資終了時の基準価格

だからです。

積立投資では価格が下がった時には多くの口数を買える一方で、価格が上がると少ない口数しか買えなくなります。

このケースでは7年目に2,000円まで下落しましたが、この時一番多くの口数、すなわち投資開始時の5倍の口数を買い込むことができるのです。

そして10年目にファンドの価格が半額の5,000円にしか戻らなくても、その運用総額は元本の120万円を上回ることになります。

直感とはちょっと違う結果ですよね。

ケース2

あるファンドに10年にわたり、毎月1万円の積立投資をした場合で考えます。

このファンドの基準価格は投資開始時に1万円だったものの、5年後に2,000円まで下落し、そこから反発して10年後には1万円まで回復して投資開始時と同じ水準に戻ったとすると元本120万円に対して評価額はいくらになるでしょうか? (「積立投資のすべて」星野泰著から改変して引用)

ケース1で半額の戻りでも利益が出たのだから、このケースでも利益が出ているだろうと予測できますね。

そのとおりです。 答えは約241万円になります。

ファンドの価格が元に戻っただけで投資額の2倍以上の評価額となるのです。

何だかだまされたような感じがしますが、これが積立投資のメリットです。

グラフを見てもわかるように、ファンドの価格下落時には追加の資金投入がほとんど消えていっているように感じます。

しかし、実はその後に来る上昇相場に向けてどんどん買付口数を増やしていっているのです。

高くジャンプする前に、いったんかがんでいるような状態です。

上昇相場に転じた後は、急角度で運用資産が増えていることがわかりますね。

ですから、下落相場の時に、逃げ出さずにいかに踏みとどまるか、ということも重要なのです。

積立投資は無敵か?

では、積立投資は基準価格が一度大きく下落しても、常に元本よりも投資総額が上回るのでしょうか。

先ほどのケース1と異なり、投資終了時の基準価格が4,000円の場合、実は元本の120万円を割り込み、運用資産総額は約117万円になります。

3万円ほどの損失ですね。

さらに、投資終了時に基準価格が2,000円のままだとすると、運用総額は約69万円となり、元本のマイナス42%まで落ち込んでしまいます。

つまり、積立投資は基準価格が下がっても常に儲かる方法ではなく、積立終了時にはある程度基準価格が戻っている必要があるのです。

積立投資は一括投資よりも有利なのか?

では次に、積立投資が一括投資よりも有利な方法かどうかを見てみましょう。

あるファンドを10年間にわたり、毎月1万円の積立投資をした場合で考えます。

投資開始時に1万円だった基準価格は上昇を続けて、投資終了時の価格は10倍の10万円になった場合、元本120万円に対して運用総額は311.6万円になります。

一括投資していれば運用総額は10倍の1,200万円にもなっていましたが、毎月積立投資をしていた場合には3倍にもならないのです。

このように、ファンドの基準価格が右肩上がりで上昇している場合には、価格が高くなるにつれて、買い付けられる口数はどんどん少なくなってしまうので、上昇相場では積立投資は一括投資に比べて不利になります。

これが積立投資のデメリットです。

積立投資は万能ではなく、個人投資家が下落相場に巻き込まれた時に、心理的プレッシャーを軽減する方法なのです。

もし投資終了時に下落していたら?

では毎月1万円の積立投資をした場合で、投資開始時にファンドの基準価格が1万円で、9年目まで上昇したものの10年目に入って上昇した場合と下落した場合、それぞれどのような違いになるでしょうか。

(以下のケースは「積立投資のすべて」星野泰著から改変して引用)

ケース1 

投資終了時にファンドの基準価格が4万円まで上昇した場合には、運用資産総額は約263万円となり、リターンは119.1%になります。

ケース2

一方下落に転じて2万円で終了した場合には、運用資産総額は約134万円となり、リターンは11.9%となります。

このように積立投資の場合、終わりのタイミングはとても重要です。

出口戦略

もっとも、積立投資終了時に運用資産のすべてを売却しなければいけないわけではありません。

経済的自由を達成した方々は、資産を築いた後、それを一定の割合で取崩して生活していくことを基本としています。

以前ご紹介した「FIRE 最強の早期リタイア術」の著者クリスティー・シェンさんは、毎年資産を4%取り崩す方法をすすめています。

たとえ運用資産の増減があったとしても、リタイア直後に市場の急落が無く、運用資産の4%の範囲内に生活費を抑えることができれば、運用資産が尽きることなく生涯にわたって経済的自由を続けていくことができるのです。

積立投資の性質を理解したうえで、下落相場が来ても逃げ出さずに積立投資を継続し、経済的自由を達成しましょう。

なお、今回ご紹介した「積立投資のすべて」は、積立投資について興味深いトピックスを、大量のデータを使って投資初心者にもわかりやすく説明している良書です。

積立投資についてさらに理解を深めたい方にはご一読をおすすめします。

今日も良い一日です。ありがとうございます。



コメント

タイトルとURLをコピーしました